« TOKYO DESIGNER'S WEEK 2005 | メイン | 僕の人生全て売ります »

2005/11/09

クリラボWEB勉強会

11月8日(火)クリラボスペシャル:WEB勉強会
_mg_4875_1_mg_4873_mg_4869                                   
                                                                                                      
                                                                    
                                                                   本日のクリラボはスタッフ全員参加。ふらっと打ち合わせで訪れたリクルートのディレクターさんやフリーのコピーライターさんも巻きこんで、最新のWEB広告について勉強会をひらきました。「webの企画ってどうやって考えるの?」というそもそものお話から「この企画だと予算はどれくらいかなあ」というお話まで、中身の濃い2時間。面白いフラッシュの事例をまじえながら意見交換を行いました。私個人の感想は「お客さんの課題をちゃんとくみとって、どう期待を超えていくか」。発想の原点は、ポスターもパンフレットもwebも変わらんのだなあ、ということ。で、その発想の反射角にその人の個性があらわれるのですね。よい制作物にふれると頑張らねば!という気になります。参加いただいたゲストの皆さま、ありがとうございました。

■■クリエイティブ・ラボは毎週火曜日21:30〜開催■■
クリラボはパラドックスメンバーで新しいクリエイティブを考える社内研究所。チマタの広告をもちよったり、最近の制作物についての意見交換を交わしたり、プロダクト商品を考えたり、さまざまな表現手法を模索中。クライアントさま、ブレーンさん、社外の方にもフルオープン体制です。参加ご希望の方は田島(tajima@prdx.co.jp)までご一報を。ちなみにこの場を通しての案件依頼も歓迎です。スタッフみんなでアイデアを絞ります。

Posted by paradoxparadox on 11 月 9, 2005 at 12:35 午前 カテゴリー: 議事録 |

コメント

いやー、第一回スペシャル、盛り上がりましたね。クライアントと仲良くなりすぎると、制作の時にクライアント視点に寄りすぎて、結局伝わらないものになってしまうことがあります。常に客観的な視点を持ちながら、受け手が見たくなるかどうか、ちゃんと伝わるかどうかをチェックしていくことの重要性を再確認しました。

投稿情報: 鈴木 | 2005/11/10 11:06:14

いい制作物を見ると、肩の力が抜けますね。まだまだ駆け出しの僕はつい視野が狭くなりがちで、自分らしさを出せなくなってしまうんですが、楽しんで仕事をすることの大切さを、あらためて感じさせていただきました。

投稿情報: 梅田 | 2005/11/10 13:20:41

友だちの、WEBデザイナーさんに、作品のURL見せたんですよ。FLASHの世界で活躍している彼曰わく「こういう面白いものを作ってやろう」という気持ちがある人の作品を見ると刺激になります。やっぱり、伝わる広告には、伝えたいという気持ちがなによりも大切ですね。

投稿情報: 岩並 | 2005/11/15 11:24:59

この記事へのコメントは終了しました。