« 三原さんにARGを学ぶ | メイン

2009/11/12

11月19日のクリラボは、NUMABOOKSの内沼晋太郎さんがゲストです。

こんにちは!クリラボです。

次回クリラボは、11月19日。19時から、

パラドックス・クリエイティブ10階にて開催です。

ゲストにはNUMABOOKS

内沼晋太郎さんをお迎えします。


Nb_tsuru

ゲストプロフィール

29_01

内沼晋太郎 

(ブック・コーディネーター/クリエイティブ・ディレクター)

 1980年生まれ。インターネット育ち。

numabooks」代表。一橋大学商学部卒(ブランド論)。

今年3月、初の著書

「本の未来をつくる仕事/

 仕事の未来をつくる本」を刊行。

Book


 

「ブック・コーディネーター」として

「本」や「本棚」をメディアと捉え、

アパレルショップやカフェなどの

空間ブランディングを行う内沼さんに、

最近の仕事のことから新しい職業を

創りだした背景などをお話していただきます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最近の内沼さんの仕事を覗いてみましょう!

Top090806

スパイラルカフェで「文庫本セット」を販売

従来カフェにある「ケーキセット」のような形で、

文庫本とドリンクのセットを

お客さんに選んでもらうことにより、

本のある生活の豊かさを伝えるspiral book project

内沼さんが月に5冊文庫本を選び、

毎月5セットの月替わりMENUとして

お客さんに提供するという仕組みです。

MENUには選んだ本の書き出しの文章が載っていて、

お客さんはその箇所を手がかりに注文をします。

文庫本はケーキのように、

お皿に乗って運ばれてきます。


20090917_records_book

 

spiral book projectの第2弾は「本と音楽」。

本とCDがセットになっています。

お客さんは、スパイラルレコーズで好きな

テーマのセットを選んで購入します。

すると、その人が選んだテーマに沿って

内沼さんとスパイラルレコーズが厳選した本と

CDを美しくラッピングして

11月と12月に1セットずつ届けてくれるという企画。

それぞれの分野のプロフェッショナルが

確かな目で選んだギフトセットは、新しい本、

音楽との刺激的な出会いを演出してくれます。

 

 

29_02

 

 

BEAMSの店内

ブックコーディネート


BEAMSが東京の渾沌としたカルチャーを伝えていくための

拠点となることを目指したプロジェクト

TOKYO CULTUART」にて展示される本をコーディネート。

「架空のクリエイティブ・エージェンシーのオフィス」

というクライアントのオーダーの元、

ショップの魅力を引き出す品揃えで展開されました。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

いままでにない新しい「しごと」を

切り開いた内沼さん。

どうやって、様々なプロジェクトを進めているのか

大切にしている考え方は何なのか、

興味深いところです。


 

クリラボ参加希望の方は

「クリラボ参加希望」という件名で

お名前

会社名・所属団体名

連絡先

を明記の上

 

yoshimura@prdx.co.jp(担当:吉村)までご連絡ください。

先着10名ですので、お早めに◎

 

 

よしむら

Posted by パラドックス・クリエイティブ on 11 月 12, 2009 at 11:00 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012876089020970c0120a70607b5970b

Listed below are links to weblogs that reference 11月19日のクリラボは、NUMABOOKSの内沼晋太郎さんがゲストです。:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。